昨日行われたベルリンマラソンで世界新記録が出て

テレビのスポーツコーナーでは大騒ぎです。

 

 

優勝したのは、ケニアのウィルソン・キプサング。

2時間3分23秒で今までの記録(2011年パトリック・マカウ(ケニア)がマークした2時間3分38秒)より15秒も短縮したそうです。

 

 

 

ウィルソン・キプサング選手とは?

ウィルソン・キプサング選手は

ロンドンオリンピックの銅メダリスト。

日本でも2011年3月のびわ湖毎日マラソンで優勝しています。

 

今回のレースですが、スタートから世界記録を

上回るペースで進んでいたようですね。

30キロ付近からケニアの3人での先頭争いになって

35キロ付近でキプサング選手が抜け出たのでした。

 

優勝後のインタビューで、自分でも驚いている。世界新記録で優勝できてよかったと話していました。

 

 

キプサング選手は、2003年に世界記録を樹立したケニアの

テルガト選手に憧れてマラソンを目指したそうです。

 

10年間懸命に練習してきたことと思います。

 

キプサング選手はまだまだ記録更新の自信を

見せているそうなので楽しみですね。

 

ところで、彼はこのマラソンの優勝賞金や記録ボーナスで

12万ユーロ(約1596万円)を獲得したそうですがすごいですね。

 

 

キプサング選手のますますの頑張りに期待したいです。