12313

9月28日~10月6日まで国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催の

「難民映画祭」が東京で開かれています。

 

第8回目を迎える今年ですが、今シリアで起きている紛争が

危機的状況であることを考えると人々の難民に対する関心

は高くなっているのではないでしょうか。

現在、世界中で4500万人以上もの人が

国を追われて生活しているそうです。

 

2012年だけでも760万人もの人が

避難生活を送っているのです。

 

4秒に1人の割合で家を追われているということを

考えるとその数は大変多いものです。

 

 

しかし、自分の周りに難民がいなければ彼らが

直面している問題や苦悩を本当に理解するのは

難しいのではないでしょうか。

 

そういう意味で難民映画祭は多くの人に難民が抱える問題を

理解してもらう良い手段と言えますね。

 

 

どのような映画祭?

第8回難民映画祭では15作品が上映されます。

 

映画では恐れや失望だけを表しているのではなく、

勇気や希望も表現しているそうです。

 

東京の7つの会場で行われますが入場は無料だそうです。

ただし各会場で寄付を募っています。

 

 

上映作品のひとつ『シリア、踏みにじられた人々と希望』は、

今年3月に勃発したシリア内戦によってトルコの難民キャンプで

生活することを余儀なくされた人たちを追ったドキュメンタリーです。

 

シリアでの内戦に関するニュースが流れない日はないくらい

皆が心配していることです。

 

映画を見ることによってさらにシリアの現実を

理解することができるのではないでしょうか。