121333

日本全国どこにでもあるラーメン屋。
今は美味しいラーメン店の本が出るほどの人気です。

 

ラーメンスープの種類も麺の太さなどもたくさんあり
自分の好みに合わせて選べる時代ですよね。

 

大人だけでなく子供もラーメンが大好き。

日本の国民食と言えます。

 

 

ところで、このラーメンですが近年海外に

ずいぶん進出しているようです。

 

 

ラーメン海外進出

なんでもラーメン専門店の数は世界中で

約1000店舗もあるというのです。

 

そして中でもアメリカ、タイ、シンガポール、

中国などに多いそうなのです。

 

 

香港に店舗を持つラーメン店「凪」の生田智志社長は、

ラーメンを“ユニバーサルヌードル”と定義し

海外展開を目指しています。

 

生田氏は、ラーメンをハンバーガーをライバルと見なしています。

 

ハンバーガーがあれほど普及したのは

手軽さと美味しさを併せ持っているから。

 

そしてラーメンも同じだと考えているようです。

 

一杯のスープと麺・トッピングで栄養もあり

満腹感も得られます。

 

 

アメリカ西海岸には寿司店が多いのは

テレビ番組などでも有名ですが、

東海岸ではラーメンが流行っているそうです。

 

ニューヨークとその近郊だけでも

約60ほどのラーメン店があるそうです。

 

ラーメンが海外でも人気をなっている理由は、

食べる人の好みに応じてスープの味やトッピングを

工夫することができるからではないでしょうか。

 

いつか外国でその国のラーメンを食べてみたいと思います。