421328l

「じぇじぇ」が今年の流行語大賞に?と言われるほど人気があった

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が9月に終わりましたね。

 

そしてその後を受け始まったのが『ごちそうさん』です。

 

9月30日に放送された第一話の視聴率が関東地区では

なんと22%だったそうです。

 

視聴率が22%を超えたのは10年ぶりのことだとか。

 

前作『あまちゃん』の最終回の視聴率が23.5%だったと言いますから

とても良い流れで『ごちそうさん』に引き継いだ感じですね。

 

 

 

『ごちそうさん』あらすじ

『ごちそうさん』の舞台は大正時代の東京です。

 

洋食店を営む両親のもと、美味しい物を食べて育った主人公卯野め以子。

食べることが大好きでいつも食べ物のことばかり考えていました。

 

でも成長していくうちに「食べたい」という思いが

「食べさせたい」という思いに変わっていきます。

 

 

め以子が幼いころ、祖母のトラがめ以子に言った

「食べたい気持ちが強いってのは、生きる力が強いってことさ」

というようにめ以子は食べ物を通じて

周りの人々を幸せにしていきます。

 

 

また、このドラマでは料理や調理シーンがたくさん登場します。

 

フードスタイリストチームが毎回美味しそうに見えるようにして

まるで料理がもうひとつの主役のような感じなのだそうです。

 

どんな料理が出てくるのか、

主人公め以子の成長と共に楽しみにしたいですね。