新型の国産ロケット「イプシロン」の打ち上げが成功しましたね。

 

先月27日、機体の異常が誤って検知されたために発射19秒前になって

打ち上げを中止したのです。

その後宇宙航空研究開発機構(JAXA)は

本日の再打ち上げに向けて念入りに点検を重ねたようですね。

 

 

なんでも今回機体の異常を検知するための設定を

19項目も見直したそうです。

 

また、他にも先端部カバーの断熱材で接着が十分でない部分が

数か所見つかったようでそれも補修したといいますから

ある意味良かったのではないかなんて考えてしまいました。

1591516996133123d2

 

2度目の打ち上げ

そしてとうとう本日14日午後2時に鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から

打ち上げられその後3時過ぎに搭載した衛星を

分離して打ち上げは成功したのです。

 

 

イプシロンの意味

イプシロンは、全長24・4メートル、重さ91トン。

 

2001年に「H2A」が打ち上げられてから

実に12年ぶりに日本の国産ロケットが打ち上げられたことになります。

 

低コストと効率性が特徴のようで38億円程度に抑えられているそうです。

まあ、38億円という額がどれほどのものか全く想像できませんけれど(笑)。

 

JAXAの森田泰弘プロジェクトマネージャは、

台風が小笠原付近にあることで打ち上げが

できるのかぎりぎりまで心配だったことを明かし、

打ち上げが無事成功したのでホッとした様子でした。

 

責任の重みで押しつぶされそうになることもあったでしょう。

お疲れさまでしたと言いたいですね。

 

2262014121231755