敬老の日は孫からプレゼントを渡したりと

ほほえましい絵が見られる素敵な日ですね。

 

しかし実際に敬老の日の正しいマナーってなんなんだろうと思いませんか??

 

 

敬老の日とは?

敬老の日は9月の第3月曜日と定められています。

 

もともとは9月の15日が敬老の日と決められていましたが、

2003年(平成15年)からハッピーマンデー制度ということで

9月の第3月曜日に改正されました。

 

 

国民の祝日の法律によると敬老の日は

 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

 

とされています。

 

つまり長い間、この日本を支えてきた高齢者や長寿の方を

尊敬し、健康を祝おうという日なのですね。

 

 

自分もその人に育てられたという感謝も込めるといいですね。

 

なので、孫じゃなくても自分の親に感謝の気持ちとして

祝うことも大事なんですね!

 

 

 

敬老の日の贈り物(プレゼンント)

それでは実際になにとプレゼントするのが正しいマナーなのでしょうか?

 

 

実は「気持ち」が大事なので、固定の贈り物はないのです。

 

あえて決めるなら、その方が喜ぶものがよいですね。

 

 

貰って嬉しかった・人気があったプレゼントは

 

・美味しい食べ物

・     健康グッズ

・     家電

・     お花

 

です。

 

なによりみんなで過ごせるときが嬉しいみたいですね。

 

先人を大切にしましょう。