1231b257c94_b

日光を浴びずに母乳だけで育児を続けると乳幼児が

ビタミンD欠乏性くる病になる事例が報告されています。

 

 

ビタミンD欠乏性くる病とは?

くる病とは、骨の発育期にカルシウムが骨に沈着せず

軟らかい骨の組織が増加することによって、

骨の成長障害や骨格や軟骨部の変形を伴いO脚になることが多い病気です。

 

カルシウムを骨に取りこむために必要なのがビタミンD。

 

ビタミンDは魚や卵黄・キノコなどの食品からの摂取と紫外線で生成されるので、

日光浴は不可欠なのです。

 

栃木県のある病院には日照不足とみられるビタミンD欠乏性くる病の乳幼児が

3人(1歳2カ月~1歳9カ月)来院し、

一人はカルシウム不足によるけいれん、2人はO脚になっていて、

3人のうち2人が1歳以降も母乳を続け、

離乳食をほとんど食べていなかったということでした。

 

 

発症の原因・要因は?

その中の一人に話を聞くと、2年前の東日本大震災で

起きた原発事故での放射能漏れを恐れ、

子どもを屋外に出さない生活をしていたらしいのです。

 

確かに放射能は目に見えないものだから恐れる気持ちは

すごくよく分かりますが、各地で放射能が測定されその数値も公開されていたので、

まったく屋外に出さないというのはやり過ぎのような気がします。

 

親子ともにストレスもあっただろうし

そこまでできるのがすごいなと思いました。

 

 

対策と日光の必要量

では1日あたりどれだけの日光浴が必要なのでしょうか。

 

日照時間の少ない冬季の札幌市では正午でも1時間以上必要だそうです。

しかし逆にやり過ぎると、高カルシウム血症や腎障害などを

招く恐れがあるというので適度な日光浴が必要ですね。

 

要するに普通に生活していて、冬は積極的に屋外に

出るようにすれば大丈夫ということですね。