10月1日、安倍首相は夕方の会見で、

2014年4月から消費税を5%から8%へ引き上げることを表明しました。

 

消費税率が上がるのは橋本龍太郎内閣のときに

3%から5%への引き上げ以来17年振りだそうです。

 

また、今後の経済状況を見て、2015年には10%へ

引き上げられることも決まっています。

 

家計への負担は?

いよいよ上がるんですね。家計への負担はどれぐらい増えるのでしょうか。

民間シンクタンクの大和総研が、消費税率が5%の2011年と比べ、

10%まで上がった時の消費税負担額が

どれくらい増えるかを試算したデータによると、

年収300万円の世帯で10万6700円、500万円の世帯で

16万7000円、

800万円の世帯で24万9200円となりました。

 

年間にして10万円単位で増えることになるとは驚きです。

 

その代わりに低所得者には1万円支給、

年収500万円以下の住宅購入者には10~30万円を支給するようですが、

これに当てはまらない私たちは負担が増える一方ですね。

 

知らない間に、所得税や住民税も上がっていたと知ってびっくりしました。

 

増税した分は、全て社会保障費にあてられるとのことですが、

年金問題が少しでも改善に向かえばいいですね。

 

 

消費税を上げるからには、税金を有効に使うことはもちろん、

景気の腰折れにならないようにして、

少しでも家計の負担を減らしてもらわないと

私たちは納得できませんよ、安倍首相!!!

 

 

家などの大きい買い物は増税するまでにした方が賢いですよね。