寒い季節が近づいてくると、多く出回ってくる、足の冷え対策の商品。

昔ながらの湯たんぽを始め、電気いらずのエコな足温器、冷えをとる靴下、
足湯グッズなど、種類は年々増えています

どれも効果を期待できそうではありますが、足湯などは、時間がたてば湯の温度は冷めて、
足を出すとすぐに冷えてしまいますし、靴下や湯たんぽといったものも、
一時的に足先だけ温めるだけであって、芯からは温まりません。

その点、スチームフットスパは優秀です。

なんといっても、足先だけでなくふくらはぎを温めてくれるというところがポイントです。

あまり知られてはいませんが、足の冷え対策のためにふくらはぎを
温めることはとても重要です。

そもそも、足先が冷えるというのは、足先に届く血液の量が少なくなっていることと、
届く温度が低いことから起こる現象です。

太ももの方は、大きな筋肉があるおかげで高い温度が保たれますが、
血液が足先に流れる前のふくらはぎには筋肉も少なく、冷えやすくなっています。

そのため、ふくらはぎを温めると、足先への血流量も増え、
血液の温度も高いまま保たれる、ということになります。

なので、スチームフットスパの形は最良です。

きちんとふくらはぎまで温めて、足先の冷えを改善させましょう。