ベルギーのアントワープで行われていた体操の世界選手権が6日終了し、

この大会で日本勢が、金4個、銀1個、銅2個の計7個のメダルを獲得しました。

 

 

そのうち4個のメダルを獲得し、

前人未到の男子個人総合4連覇を達成したのが内村航平さんです。

平行棒では、15.666点を出し、

1981年モスクワ大会の具志堅幸司以来32年ぶりの金メダルを獲得しました!

 

内村さん自身は3位狙いだったそうですが、

完璧な演技で歴史に残る勝利をおさめたのです。

「体操はやはり美しくないといけない」「着地は出来て当たり前」と言う名言から、

内村さんの完璧主義な性格と天才的な才能を感じ、

とても素晴らしく思います。

 

まさに王者という感じですね。

 

しかし数年前から身体は悲鳴を上げ、

右肩の腱がいつ切れてもおかしくない状態だったのを、

地道な筋力トレーニングと入念なマッサージで克服し

今回の素晴らしい結果を導き出すことが出来たのだと思います。

 

目標のために努力し続けることの大切さを教わりました。

 

 

 

また、神の子と言われている白井健三(17歳)くんは、

床運動で「シライ」と命名されたF難度の後方伸身宙返り4回ひねりを決め、

16.000点で金メダルを獲得しました。

 

テレビでその演技を見るとほんとに床から飛んで宙返りして

4回ひねって着地していました。

 

ほんとに神ワザですね。

 

王者内村が白井くんの演技を見て思わす「すげー!」と言ったらしいです。

 

跳馬では、おしくも4位に終わりましたが、

今後の活躍がとても楽しみですね。

 

 

3年後のリオ五輪も日本勢に頑張って欲しいです!