1213I0003

ブタペストで行われていたレスリングの世界選手権大会で、

19日に決勝戦が行われた55キロ級で日本の吉田沙保里選手が優勝しました。

 

オリンピック三連覇を含めてなんと14大会連続の世界一だそうです。

 

1度優勝することだって大変なのに

14大会連続だなんて技もさることながら心がよほど強いのでしょう。

30歳になっている吉田選手にとって年齢的に

きついこともあったと思います。

しかしそれを見せることなく勝ち続けるなんて本当にすごいです。

 

 

決勝戦の相手はスウェーデンの23歳の若手の選手でした。

その選手を相手に吉田選手は優勢に試合を進め

5-0で完勝したのです。

 

今大会失点なしでの優勝でした。

向かう所敵なしとはこのことですね。

 

東京オリンピック招致活動やオリンピックでの

レスリングの競技存続を求める活動で、

ロンドンオリンピック後は大変忙しかった吉田選手ですが、

今回の世界選手権に向けて一生懸命練習した甲斐がありましたね。

 

試合後に吉田選手は応援してくれた人たちへの感謝の言葉と

共に最高の一年になったと述べ、

リオデジャネイロでのオリンピックまで

さらに記録を更新する意欲も見せていたようです。

 

日本人として大変誇らしいです。

 

ぜひ頑張ってもらいたいものですね。