「アンパンマン」の作者で漫画家のやなせたかしさんが13日に94歳で亡くなられたそうです。

 

「アンパンマン」と言えば国民的アイドルですよね。

 

子供たちにものすごい人気で映画も数多くの作品がありますし、お弁当箱やら水筒、洋服など本当にたくさんのグッズが売られているほどの人気です。

 

「アンパンマン」の人気の秘密は一体どこにあるのでしょうか?

 

アンパンマンはけっして最強のヒーローではありません。顔が濡れてしまうと力が出なくなってしまいすぐに“ジャムおじさん”に助けを求めて新しい顔を焼いてもらいます。

 

だけどお腹が空いて困った人がいると、自分の顔の部分のアンパンを必ず差し出すのです。

 

やなせさんが作品を通してずっと描いてきたものは、「正義とは何か、本当の強さとは何か」ということだそうです。

 

けっして強くはないけれど、自分を犠牲にして他の人を守るために戦うことが「本当の正義だし、本当の強さだ」とやなせさんは思っていたそうです。

 

アンパンマンは戦う時に武器を使いません。特殊な光線を出したりもしません。戦う時は自分の力だけで戦うのです。

 

そんな潔さが子供だけでなく大人の心も掴んで離さないのでしょうね。

 

まだまだアンパンマンの作品をたくさん見たかっただけに、やなせさんの死が残念でなりません。

 

謹んでご冥福をお祈りいたします。