6812086912_5e29f81fa9_b

東京・名古屋間の開通が予定されている「リニア中央新幹線」について

JR東海から各自治体に詳細案が伝えられました。

 

 

「リニア中央新幹線」は、2027年開通予定で

東京・名古屋間を40分でつなぐといいます。

そして2045年までに大阪までの開業を目指すのです、

 

今回、リニアの工事が与える影響を記した「環境影響評価準備書」を

沿線の7都県39市区町村に提出し、

同時に駅の場所や詳細なルートが発表されたのでした。

 

リニア中央新幹線には賛否両論あることと思います。

 

JR東海は今後各自治体に対して説明会を開いて

住民からも意見を聞くそうです。

 

そして来年度の着工を目指します。

 

 

その一方で、山梨県内の「実験線」では、

距離を延長し最新型車両を使った走行試験を先月29日から始めています。

 

リニア中央新幹線のルートの9割はトンネル内を走ると言いますから、

景色を楽しむことは期待できないと思いますが、

何せ東京・名古屋間を40分、途中の駅に停車したとしてもおよそ70分で

走るのですから時間的価値を考えると素晴らしいです。

 

それでいて料金は現在より700円くらいしか高くならないと言いますから

利用価値は大ですね。

 

東京オリンピックまでの開業を望む声が上がっているそうですが、

JR東海はそれは「難しい」としているのが残念ですが、

事故のない工事をしてもらって無事に開業することを願います。